着物を売ると金額はいくらになりますか?

着物を売りたい。だけど売っても二束三文にしかならないってホント?

着物をできるだけ高く売りたいと考えているのですが、実際に売りに出してみても大した金額にならず
せいぜい二束三文くらいにしかならない、という話もあります。

 

これって本当なのでしょうか?

 

 

答えは着物にもよります。

 

実際に安く買ったものだとすると本当に二束三文でしょうし。
あとはブランド物、有名な○○紬的なものだったとしても、サイズが極端なものだとすると大した金額にはならないとされています。

 

 

しかし、実際にはわかりません。
もしかして、ということもありえます。

 

自分には目利き力がないけれど、本当はけっこういい着物だったりするかもしれません。
実は人間国宝者だったとか、それは言いすぎかもしれませんが、実際にわかっている人に見てもらうとそれ相当の価格になるかもしれません。

 

実際にそうなる可能性というのはそんなに高くないかもしれませんが、無料で査定してもらえるというのであれば、見てもらってもいいと思います。

 

どのみち寄付するなりなにかしら処分しなければならないのであれば、その選択肢も一つかと思います。

 

 

結構着物を買い取ってくれるところというのは、全国的にちらばってあるものです。
それが全国チェーンになってしまうものなのか、各地域に根付いている商店なのか、それぞれあると思います。

 

私の住んでいる石川県にもそれなりに買い取ってくれるところがありますし、そういったところは中古で販売しているところもあります。
また、外国人の観光客も多いことから着物のレンタルもやっています。

 

そういったレンタル向けに買い取りを行っているのかな、と最初は思っていたのですが、日本人の体とは大きさが違うので、外国人向けだと少々しんどいかもしれないとのことでした。

 

しかし、兼六園付近を歩いたり、車で通ったりしていると着物を着ている観光客の人は必ずしも外国人の方だけではないのですね。ちゃんと日本人の観光客の方も着ているのです。

 

 

着物買取の話しに戻ります。

 

とにかく需要の先はわかりませんが、買い取りの需要はあるわけで、しかも必ずしもブランド物である必要はないのかもしれません。
どういった着物が高く売れるのか、ということなのですが、それはそれでブランド物とか価値のあるもののほうが高くは売れると思います。

 

しかし、あなたが売ろうとしている着物は、それが価値のあるものなのか、どうなのかまずはそれを知ることから始めたいのだともいます。

 

どうしたらわかるのか、というとそれはそれで調べる方法はあるので、また後日ここか、違うページでも紹介していきたいと考えています。

 

 

どの着物タイプが需要なのか、お店とか地域によって多少の差は出てくると思います。
今は全くうるきがないとしても、どれくらいの価値のものなのか、知るためにはやはり専門の人達に見てもらうのが一番いいと思います。
買い取り査定サービスがあるのであれば、そういったところ、2,3店舗回ってみてもらったら、それはそれで面白いのではないでしょうか。

着物を高く売る方法は?

着物を売ることにした場合、

 

着物を高く売る方法は何が一番いいのでしょう?

 

 

まず、着物を売る方法は、パターンとして
1.県内の着物買取業者に持ち込む
2.ネットで売る
に大きく別れます。

 

1.県内の着物買取業者に持ち込む
これは、住んでいる地域にもよると思うのですが、どこに持ち込んでもさほど変わらないと見ていいと思います。
着物専門とそうでないものとに別れてきますが、どちらにしても、
それこそ二束三文にしかならないと見ていいでしょう。

 

どちらかというと、金買取とか総合的な買い取りを行っている業者でも着物の買い取りは行っている場合もあるのですが、そちらは着物の買い取りがメイン業務ではないと思いますので、そんなに期待はできないと思います。

 

2.ネットで売る
検索するとたくさん出てくると思います。
これがGoogle Mapsでも出てきて、近所の買い取りやさんも引っかかってくると思います。

金額は?売るといくら?

着物を売ると相場はいくらなのでしょうか?
これは着物の状態にも夜と思います。
あとは、大体の目安としてブランドにもよります。

 

査定に響くものとしては、着物の状態、ブランドということになります。
当然未使用であれば、それなりの価格になります。

 

あとは大きさも関係してくるところもあるかもしれません。

 

海外にも販路があるところだと、サイズは、わりと大きめの藻が需要があると思います。

 

紬の種類にもこだわっているところもあります。

 

大島紬

着物でもメジャーなものです。
最もメジャーと言っても過言ではありません。
人気もあるので、安くはならないと思います。

 

結城紬

茨城県栃木県を主な生産の場とする絹織物です。
肝の中でも伝統があり、人気の高いものとなっています。
素材は柔軟な感じのものとなっています。
貴重な素材を使っているだけに、高値がつくと予想されます。

 

賛否両論なのですが、ネットのオークションやフリマアプリで出品する、という方法もあります。
どうしても欲しい人は買ってくれます。
ただ、見つけてもらえるかどうかが問題になってきます。

 

あとは、同等のものを検索してみて相場観を知るということも必要です。
色や大きさなど似たようなものがあれば価格を比較してみましょう。

 

絶対に譲れない金額をまずは設定して様子をみていましょう。
ヤフオクでは気になっている人はいれば、ウォッチリストに、メルカリでは、いいね!が付きます。

 

 

 

塩沢紬

新潟県南魚沼市周辺でおられている絹織物。

 

米沢紬

こちらもメジャーな紬です。
それなりの価格が予測されます。